BIOGRAPHY

THE SxPLAY

sayuri


THE SxPLAY(ザ・スプレイ)@2017.1


平成2年生まれ。秋田県出身のシンガーソング・ライター。



中学校の頃、ロックン・ロール好きの父親の影響で音楽に目覚める。

17歳(高校2年)の春、メジャーレーベルの全国ボーカリストオーディションで1000人以上を超える応募者の中から、グランプリを獲得。



オーディション合格を機に、18歳で秋田から上京。



2009年4月、ミニアルバム『キミに贈る歌』でデビュー。

配信総ダウンロード数100万ダウンロード。

ありのままの等身大なメッセージと、ポップかつフォーキーなメロディー 、

透明感と力強さを兼ね備えたヴォーカルが、高い評価を得る。



12月 2ndマキシシングル『君がいるから』が“FINAL FANTASY XIII”のテーマソング、 挿入歌に起用される。



2010年5月 3rdマキシシングル『素直になれなくて』をリリース。

フジテレビ系の同名ドラマの挿入歌に起用される。総ダウンロード数80万ダウンロード突破。



2013年11月Mobile FC“CHAO!CREW”会員限定ワンマンライブをもって 「菅原紗由理」としての活動終了を発表。



2014年2月、人生の体験を“ストーリー”として投稿するサイト「STORYS.JP」にて、『メジャーアーティストを辞めました。メジャーデビューから、インディーズデビューをもくろむ話。』を投稿。 “読んでよかったランキング”にて1位。



3月30日、アーティスト名を「THE SxPLAY」(読み:ザ・スプレイ)に改名。

インディーズから音楽活動をスタート。



THE SxPLAYの“S”はSugawara SayuriのSで、“x”は「掛ける」を意味し、

CREW(ファン)とTHE SxPLAYの活動に関わってくれるミンナと共に、という想いを込めている。

“PLAY”は、もっと自由に音楽をプレイ(遊ぶ)していく、という意思とともに「再生」「挑戦」の意味合いも持つ。

また、“THE”の言葉が持つ、神聖であり、特別な強さに惹かれ“THE SxPLAY”に命名。



THE SxPLAYと共に、サウンドプロデュースとしてBENNIE KのYUKIが参加。



2014年5月 1stミニアルバム『Call To Action』をリリース。



12月東京・名古屋・大阪にて対バンツアー『MUSIC PARADE』を小南泰葉と共同開催。

また、会場限定CD“Lost Castle”をTHE SxPLAY & 小南泰葉、名義で発売。



2015年11月 2nd Mini Album “Butterfly Effect”をリリース。



2016年5月、上海ヒマラヤセンターにて初の海外ライブとなる「Rayark Concert2016」に出演。

7月には台湾台北市にあるRayark本社内Voezカフェにて、初の海外ワンマン2daysを成功させる。



9月「未完成キャンバス」が「パラリンアート公式応援ソング2016-2017」に決定。

さらに、世界1800万DLを超える大ヒット音楽ゲームアプリ”Deemo2.4”最新バージョンに

最新曲「キミが残した世界で」「Guardian」が収録される。

「キミが残した世界で」は6億人が利用する中国最大の音楽サイト「酷狗(クーゴ)音楽」の日本人アーティスト新曲チャートにて、2週連続で1位を獲得!



10月末〜2ヶ月に渡り北京、重慶、長沙、成都、武漢、広州の中国6都市にて初の海外ツアーを行い、大盛況のうちに終える。



楽曲はポップ、ロックから、クラシック、 ダンス・ミュージックまで、さまざまな音楽のエッセンスMIX。遊び心満載な表現方法で、独自の世界を拡大中。



THE SxPLAY @2017.1

26-year old singer songwriter born in 1990



THE SxPLAY, influenced by her rock and roll loving father, was awoken to music in middle school. At the age of 17 (as a high school sophomore), she competed with over 1000 contestants and took the grand prize at a national vocalist audition run by a major record label.



Passing the audition prompted her to move to Tokyo at the age of 18.



She made her debut in April 2009 with a mini-album, “KIMI NI OKURU UTA”, which got several million downloads. She was highly praised for her life-size messages of truth, her pop yet folky melodies, and her clear and powerful vocals.



Her second maxi-single, “KIMI GA IRUKARA”, was released in December and was used as the theme song and insert song for “FINAL FANTASY XIII”.



THE SxPLAY released her “SUNAO NI NARENAKUTE” maxi-single in May 2010. It was used as the insert song for the Fuji TV drama of the same name and surpassed 800,000 downloads.



In November 2013, she held a member exclusive Mobile fan club “CHAO!CREW” “one-man” show and announced the end of her activities as “Sayuri Sugawara”.



In February 2014, she posted a story on “STORYS.JP”, a website that posts life experiences in “story” form. Her story, “I quit being a major artist. Contemplating going indie from a major debut”, ranked in at #1.



After changing her artist name to THE SxPLAY on March 30, she started her music activities as an independent artist.



YUKI of BENNIE K took part in producing THE SxPLAY’s sound.



SxPLAY released her first mini-album, “Call To Action” on May 28.



She played her first “one-man” concert as THE SxPLAY at Shibuya eggman on July 12.



In December, she went on a “MUSIC PARADE” joint tour of Tokyo, Nagoya, and Osaka with Yasuha Kominami. They sold a venue-exclusive CD, titled ”Lost Castle”, under the name THE SxPLAY & Yasuha Kominami.



THE SxPLAY released her second mini-album in the autumn of 2015.



In May 2016, THE SxPLAY performed at “Rayark Concert” in Shanghai Himalaya Center as her first time to perform around the world.



In July, she succeeded her first foreign one-man show at Voez Café of Rayark Inc. in Taipei, Taiwan.



In September, “Mikansei- Canvas” was selected for “Paralym Art” official theme song for 2016-2017.

THE SxPLAY’s latest songs, “Kimi ga Nokoshita Sekai de” and “Guardian” were included in “Deemo ver.2.4”, downloaded more than one hundred thousand times becoming the most popular smartphone application of music rhythm game all over the world.



“Kimi ga Nokoshita Sekai de” ranked in first of Japanese new songs’ chart for 2 weeks in “Kugou Music”, a well known music download service used by more than 6 billion people in China.



From the end of October to the end of the second month over the first overseas tour in Beijing, Chongqing, Changsha, Chengdu, Wuhan, Guangzhou six cities in China, it will be over in a great success.



Her music will include several genres such as pop, rock, classical and dance. THE SxPLAY is currently expanding her world in a playful way.